ここから本文です

米名門大が奴隷子孫の入学優遇へ、過去の人身売買認め謝罪 

ロイター 9月2日(金)13時59分配信

[ワシントン 1日 ロイター] - 米首都ワシントンのジョージタウン大学は1日、19世紀に大学の財政難を解消するために運営母体のカトリック・イエズス会が、所有していた黒人奴隷を売却するなどして奴隷制に関与していたことを認め、謝罪した。

当時の奴隷272人の子孫に当たる学生に対して、入学しやすくする優遇措置を取ると発表。奴隷制の歴史を学ぶ機関も創設する。

さらに、1838年の奴隷売却を監督した学長の名前がつけられた2つの建物の名前を変更する。

ハーバード大学やプリンストン大学など、過去に奴隷制に関与していたことを認めた大学はほかにもあるが、子孫への優遇措置にまで踏み込んだのはジョージタウン大学が初めて。

最終更新:9月2日(金)13時59分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。