ここから本文です

韓国と日本 情報共有し北SLBMに対処を=中谷前防衛相

聯合ニュース 9月2日(金)16時6分配信

【ソウル聯合ニュース】中谷元・前防衛相は2日、ソウル市内で聯合ニュースのインタビューに応じ、北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)技術の進展について、「(韓国と日本が)情報を共有し対応することが必要だ」と強調した。

 中谷氏は両国の有識者が参加するシンポジウム「韓日未来対話」に出席するため、韓国を訪問した。

 韓日の協力に関し、中谷氏は「日本は5年以上前から(韓国との)軍事情報包括保護協定(GSOMIA)締結を目指して話し合いをしている」と説明。「お互いの国の安保協力にとって必要」との認識を示した。

 また、「この点について両政府が国民に何のために情報共有が必要なのか説明しなければならない」と指摘した上で、北朝鮮のミサイルが精密になり、長距離を飛行できるようになっているのに加え、SLBMの攻撃能力も増しているので、韓米日が協力して対処していくことが重要と述べた。

 中谷氏は2014年12月から今年8月まで防衛相を務めた。在任期間中、韓国側にGSOMIA締結を打診したが、韓国政府は日本との安保協力に対する国民感情などを踏まえ、まずは環境づくりが必要との立場を取っている。

 中谷氏は北朝鮮の核開発に関し、技術的改良などによって弾道ミサイル開発を一段と推進していると懸念。北朝鮮がSLBMや移動式発射台(TEL)を通じた発射によって奇襲攻撃を含む運用能力の向上を図っているとして、「日米同盟の抑止力と対処力を強化して対応していきたい」と述べた。

最終更新:9月2日(金)16時44分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。