ここから本文です

【BOX】小原佳太がモスクワへ出発、敵地での世界戦で「タイトルを取りたい」

スポーツ報知 9月2日(金)11時26分配信

◆プロボクシング ▽IBF世界スーパーライト級(63・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦 エドゥアルド・トロヤノフスキー―小原佳太(9日・モスクワ)

 プロボクシング元東洋太平洋・日本スーパーライト級王者で、IBF世界同級3位の小原佳太(29)=三迫=が2日、ロシア・モスクワで9日(日本時間10日)に行われる同級王者エドゥアルド・トロヤノフスキー(36)=ロシア=との同級タイトルマッチへ向け、成田空港発の航空機で出発した。

 世界初挑戦となる小原は「コンディションはいい」と好調をアピールした。スーパーライト級の国内の世界王者は過去に藤猛、浜田剛史、平仲明信の3人だけで、なかなかチャンスが巡ってこない激戦階級。さらに敵地での戦いとなるが「マイナスの感情になるのが一番良くない。プレッシャーなどで(気持ちが)マイナス面にならないように、うまくコントロールしていきたい。タイトルを取りたい、取らなきゃいけない」と意気込んだ。

最終更新:9月2日(金)11時26分

スポーツ報知