ここから本文です

ベネチア映画祭でA・アダムス主演作上映、オスカーに期待高まる

ロイター 9月2日(金)15時30分配信

[ベネチア 1日 ロイター] - イタリアで開催されている第73回ベネチア国際映画祭で1日、エイミー・アダムス主演のSF映画「Arrival(原題)」が上映された。

アダムスは同作品に加え、スリラー「Nocturnal Animals」と主演2作がベネチア映画祭のコンペティション部門にノミネートされており、米アカデミー賞受賞への期待も高まっている。

アダムスはこのうちの1作が自身の米アカデミー賞受賞につながる可能性について聞かれ、考え過ぎないようにしているとコメント。「結果にこだわらないようにしている。作品に出演できて幸運に感じている」と語った。

アダムスはこれまで5回にわたり米アカデミー賞にノミネートされているが、まだオスカーを獲得していない。

ベネチア映画祭は8月31日に開幕。エマ・ストーンとライアン・ゴズリング主演のミュージカル作品「La La Land」がオープニングを飾った。

映画祭は9月10日まで。

最終更新:9月2日(金)15時30分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。