ここから本文です

南波志帆、下北沢でアコースティックな「THE NANBA SHOW」

音楽ナタリー 9月2日(金)18時0分配信

南波志帆が10月16日に東京・mona recordsにてアコースティックライブ「THE NANBA SHOW *Acoustic Night*」を行う。

【この記事の関連画像をもっと見る】

南波のライブ企画「THE NANBA SHOW」シリーズでは初のアコースティック編成のステージとなる今回のライブ。mona recordsでは明日9月3日正午にチケットの店頭受付がスタートし、追って16:00より電話受付、18:00よりメールによる受付が実施される。

7月には最新アルバム「meets sparkjoy」を携えてのワンマンツアー「THE NANBA SHOW 『meets sparkjoy』 tour 2016☆」を開催した彼女。このツアーでは中盤にアコースティックコーナーが設けられ、各公演ごとに異なる楽曲が歌われた。なお10月5日には、最新アルバムから4曲をセレクトした10inchアナログ盤「Good Morning Sunshine」が発売される。

南波志帆「THE NANBA SHOW *Acoustic Night*」
2016年10月16日(日)東京都 mona records

南波志帆「Good Morning Sunshine」収録曲
SIDE A
01. Good Morning Sunshine
[作詞:fifi leger / 作・編曲:THE CHARM PARK]
02. 夢じゃない。
[作詞:fifi leger / 作・編曲:THE CHARM PARK]

SIDE B
01. コバルトブルー
[作詞・作曲:ブルー・ペパーズ / 編曲:the sparkjoy band]
02. おとぎ話のように
[作詞・作曲:吉澤嘉代子 / 編曲:the sparkjoy band]

最終更新:9月2日(金)18時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。