ここから本文です

MKタクシーが京都観光付き「ポケモンGO」ツアー Wi-Fiや充電器も搭載 /京都

みんなの経済新聞ネットワーク 9月2日(金)23時36分配信

 京都に本社を置く「MKタクシー」(京都市南区西九条東島町、TEL 075-555-3132)が現在、「ポケモンGO」をプレーするツアー「タクシーで行くスポット巡り」を行っている。(烏丸経済新聞)

嵐山の竹林を行く

 昨年からSNSを使った情報発信を強化している同社。中でも、ゲーム「刀剣乱舞」と京都の神社のコラボ企画「刀剣御朱印めぐり」に合わせ刀剣に詳しいドライバーが担当する「刀剣タクシー」を企画したところ、リピーターがあるなど大きな反響があったという。

 同社では今後も、ツイッターを積極的に活用し、さまざまなコンテンツにまつわる場所を効率よく巡ることで、時間を有効に使えるタクシーの利便性を発信するという。

 「ポケモンGO」は8月9日の「タクシーの日」に合わせてモニターツアーとして企画したもの。利用者が快適にプレーできるよう、Wi-Fiや充電器を搭載した中型車両を用意した。

 募集はツイッターで行い、当選した20~40代の男女4人がツアーを体験。京都駅を出発し、レアポケモンが出ると言われている嵐山公園や円山公園などを6時間30分ほど巡ったという。同乗した経営企画部ブランド戦略室の三井喬広さんによると、府外の方には観光名所案内も交えながらにぎやかにプレーし、終了後も参加者同士でお茶するほどに盛り上がったという。

 同社では今回、モニターツアーの結果を踏まえ、商品化に踏み切った。コースは、日中の「DAYコース」(10時~16時)(1車両=7,000円)、夜間の「NIGHTコース」(20時30分~23時30分、24時30分~4時30分の2種類、1車両=4,000円)。運転日は9月9日・10日・11日。希望日の指定にも対応する。最少催行人数は4人。

 三井さんは「配信から1カ月がたち、今は落ち着きを見せているが、今後のアップデートや京都市との取り組みによる盛り上がりに期待したい。ポケモンGOをきっかけにタクシーの良さを知るきっかけになれば」と話す。

 同ツアーの予約は同社専用ダイヤル(TEL 075-662-1700)とメールで受け付ける。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月2日(金)23時36分

みんなの経済新聞ネットワーク