ここから本文です

羽田周辺エリアに「和」テーマの新ホテル 客室に「富士山」のアートワークも /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月2日(金)23時8分配信

 羽田空港周辺エリアに9月1日、「ホテル JAL シティ羽田 東京 ウエスト ウイング」(大田区羽田旭町4)がオープンした。運営はオリックス不動産(港区)。(東京ベイ経済新聞)

ホテル外観

 オークラ ニッコー ホテルマネジメントが技術援助する同ホテル。羽田空港周辺エリアでのオリックス不動産運営ホテルとしては、「ホテル JAL シティ羽田 東京」に次ぐ2棟目となる。

 新ホテルは地上8階建て、客室は全103室。ロビーの床には上空から俯瞰した羽田空港をモチーフにした象嵌(ぞうがん)タイルを敷き、ラウンジには江戸小路をイメージした格子模様の壁、各フロアの廊下には紙すきの手法を使ったクロスを使う。さらに、客室には「富士山」「東京タワー」「東京駅」「レインボーブリッジ」など、首都のシンボリックな風景をアートワークとして設え、日本の「和」を演出する。

 このほか、ビジネスマン向けのコンフォートタイプの客室にはパソコンでの作業がしやすいよう大きめのデスクを設置。観光客が中心となるツインタイプの客室には、くつろぎやすい大きさのソファを設置するなど、利用者のニーズに合わせた空間に仕上げたという。

 同ホテルは「ホテル JAL シティ羽田 東京」の西約70メートルに位置することもあり、羽田空港を結ぶ無料送迎バスも運行する。

※初掲時、内容に一部誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月5日(月)11時25分

みんなの経済新聞ネットワーク