ここから本文です

富士通が従業員16万人対象に「Office 365」導入、マイクロソフトと「グローバルコミュニケーション基盤」の導入促進で連携強化

@IT 9月2日(金)20時5分配信

 富士通と日本マイクロソフトは2016年9月1日、従業員のワークスタイル変革を実現するための「グローバルコミュニケーション基盤」の導入促進に向けて連携を強化すると発表した。富士通グループの従業員約16万人へ「Office 365」などを導入した知見やノウハウをベースに、顧客のワークスタイル変革の実現を両社が連携して支援する。

 富士通は、自社のグローバルコミュニケーション基盤を「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc(以下、MetaArc)」と、マイクロソフトの「Office 365」およびクラウド認証基盤「Azure Active Directory Premium(以下、Azure ADP)」を連携させ、従来のプライベートクラウド環境からパブリッククラウド/マルチクラウド環境への移行を進めている。グローバル約16万人の従業員に向け、2017年3月の運用開始を予定する。

 両社は、このMetaArc、Office 365、Azure ADPを連携させたグローバルコミュニケーション基盤の導入促進で協業し、検証プロセスのチェックプログラム「デジタルトランスフォーメーション コネクト プログラム」などを提供する。2018年までに日本およびグローバル市場で年間500億円規模までビジネスを拡大させたいとしている。

最終更新:9月2日(金)20時5分

@IT

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]