ここから本文です

NFL=キャパニック、国歌斉唱に不起立で人種差別への抗議表明

ロイター 9月2日(金)17時24分配信

[1日 ロイター] - 米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)サンフランシスコ・フォーティナイナーズ(49ers)のクォーターバック、コリン・キャパニック(28)は1日、サン・ディエゴで行われたプレシーズンの試合前の国歌斉唱時に腕組みしてひざまずき、人種差別や警官の暴力行為に対する抗議の意を示した。

キャパニック選手は、有色人種を抑圧するような国の国旗に敬意は払えないとして、プレシーズンでの国歌斉唱時に不起立で抗議を表明すると述べ、賛否両論を招いている。

米国ではミズーリ州ファーガソンやボルティモア、ニューヨークなどで警官による黒人への武器使用事件が相次ぎ、「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切)」と呼ばれる反差別運動が盛んになっている。

最終更新:9月2日(金)17時24分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。