ここから本文です

米デル、新世代のコンバージドシステム「Dell Validated System for Virtualization」を発表

@IT 9月2日(金)20時6分配信

 米デルは2016年8月30日(米国時間)、米ヴイエムウェアの年次イベント「VMworld 2016」で、サービス定義型インフラのアプローチに基づくコンバージドシステム「Dell Validated System for Virtualization」と、パフォーマンスを強化したクライアント仮想化ソリューション「Dell Solutions for VMware Virtual SAN Ready Nodes」を発表した。

 同社は社内分析の結果を基に、「Dell Validated System for Virtualizationは、業界最高の柔軟性を提供するコンバージドシステムだ」とうたう。サービス定義型インフラのアプローチにより、コンバージドシステムに求められるインフラ構築の俊敏性とシステム管理の簡素化を実現するという。

 Dell Validated System for Virtualizationは、さまざまなフォームファクタ/技術とデプロイオプションを用意し、顧客個別のニーズに沿った規模や構成で導入できる。また、自動化されたライフサイクル管理ツールにより、デプロイ、スケーリング、更新などの運用管理も容易に行える。

 出荷は、2016年9月より一部の顧客向けに、2016年第4四半期より一般向けに出荷される予定。

 Dell Solutions for VMware Virtual SAN Ready Nodesは、デスクトップおよびアプリケーション仮想化のためのハイパーコンバージドソリューション。仮想デスクトップに最適化された、シンプルで伸縮自在、かつ効率的なインフラを実現する。デプロイオプションは、レファレンスアーキテクチャから、ヴイエムウェアの認定を受けたフル構成の「VMware Virtual SAN」アプライアンスまで、幅広く用意する。

 構成オプションとしては、仮想環境においても高いマシンパフォーマンスを求める顧客向けのGPU(Graphics Processing Unit)仮想化オプション、ハイブリッドストレージ(HDD+SDD)/オールフラッシュなどのストレージオプション、「VMware Horizon 7」または「VMware Horizon Air Hybrid-Mode」を用いる仮想化ソフトウェアブローカーオプションなどが用意される。

最終更新:9月2日(金)20時6分

@IT