ここから本文です

小松政夫、36年ぶりシングルに植木等への思い「知らないうちに植木さんの声に」

お笑いナタリー 9月2日(金)18時24分配信

小松政夫が昨日9月1日、都内スタジオでシングル「親父の名字で生きてます」の公開レコーディングに臨んだ。

【この記事の関連画像をもっと見る】

10月26日にリリースされる「親父の名字で生きてます」は、1980年発表の「タコフン音頭」以来、36年ぶりとなる小松のシングル。表題曲に加え、園まりと植木等のデュエット「あんたなんか」が園と小松によるリメイク版として収録される。

小松はこれまで自身が歌ってきた「デンセンマンの電線音頭」「しらけ鳥音頭」といったコミックソングと異なり、今回の楽曲について「しみじみと心に響くような、河島英五みたいな曲を」とリクエストした。歌詞には小松が「芸能界の“親父”」と敬愛する、付き人をしていた植木等への思いが込められている。「人生最後の曲にしたい」という思いもあるが、もしヒットしたら「前言撤回」。「親父の名字で生きてます」を引っさげて「紅白に出られるようにがんばりたい!」と意欲を語った。

公開レコーディングには園を迎え、カップリングの「あんたなんか」も収録。小松は「知らないうちに植木さんの声になってた!」と真似をしている訳ではないのに自然と声が似てしまったことを不思議がり、CDができあがったら植木の墓前で報告したいと話した。

最終更新:9月2日(金)18時24分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。