ここから本文です

IBMとヴイエムウェアがクラウド提携を拡大、新サービス「VMware Cloud Foundation on IBM Cloud」を開始

@IT 9月2日(金)20時6分配信

 米IBMと米ヴイエムウェアは2016年8月29日(米国時間)、クラウドに関する戦略的提携を拡大すると発表。IBMは、ヴイエムウェアが同日に発表したハイブリッドクラウド向け統合SDDC(Software-Defined Data Center)プラットフォーム「VMware Cloud Foundation」に基づいた、業界初のクラウドサービス「VMware Cloud Foundation on IBM Cloud」を開始する。

 VMware Cloud Foundationは、サーバ仮想化プラットフォーム「VMware vSphere」および仮想共有ストレージソリューション「VMware Virtual SAN」、ネットワーク仮想化プラットフォーム「VMware NSX」、コアコンポーネント「VMware SDDC Manager」で構成され、SDDCクラウドの実行と運用管理を容易にする。パブリッククラウド環境に求められる全てのSDDC機能を提供する展開オプションも用意され、顧客はインフラを幅広い選択肢から選べるようになる。

 IBMは、VMware Cloud Foundationに基づくサービスを提供する最初のvCloud Air Networkパートナーとなる。VMware Cloud Foundation on IBM Cloudにより、あらかじめ構成されたVMware SDDC環境を、IBM Cloud上へ自動的に、数時間でプロビジョニングできるとしている。

 IBMとVMwareは2016年にクラウドに関する戦略的提携を結び、業界の差し迫った課題の1つに取り組み始めた。この課題は、「既存のVMwareワークロードをオンプレミス環境からクラウドに拡張するとともに、オペレーションのツール変更、アプリケーションのアーキテクチャ変更、セキュリティポリシーの再設計に伴うコストやリスクの発生を回避する」というもの。両社の提携以来、Marriott International、Clarient Global、Monitiseなど500社以上の顧客が、VMware環境をオンプレミスからIBM Cloudへ移行する計画を進めているという。

最終更新:9月2日(金)20時6分

@IT