ここから本文です

【BOX】“人妻美女”好川菜々、2度目の世界挑戦は日韓対決

スポーツ報知 9月2日(金)15時4分配信

 人妻美女ボクサーで、元女子東洋太平洋ライトフライ級王者の好川菜々(38)=堺東ミツキ=が2日、大阪・堺市の所属ジムで会見し、10月9日に大阪・堺市産業振興センターで、WBO女子世界フライ級王座決定戦に臨むことを発表した。前WBO女子世界ライトフライ級王者の李恩恵(33)=韓国=と空位の王座を懸けて日韓美女対決に挑む。好川の戦績は6勝(4KO)1敗、李は8勝(3KO)。

 好川は昨年4月のWBA女子世界ミニマム級タイトルマッチで、王者のアナベル・オルティス(メキシコ)に0―3で判定負け。それ以来、2度目の世界挑戦を「ラストチャンスと思っています」と位置づけた。「このチャンスを必ず勝ち取らないと皆さんを裏切ることになる。この1か月、相手の写真をにらみつけて頑張っていきたい」と闘志を燃やした。

 3月にトレーナーライセンスが回復した夫で元WBOアジアスーパーフェザー級王者の野上真司トレーナー(41)がタイトル戦では初めてセコンドに就く。日本初の夫婦王者で「最後の挑戦と決めて、これに勝たないと次の人生はないと思っている」と野上トレーナーは並々ならぬ決意を口にした。

 好川のコンディショニングアドバイザーで、お笑いコンビ・ケツカッチンの和泉修(54)は「あかんかったらやめさせます。子作りさせます」とハッパをかけた。

最終更新:9月2日(金)18時21分

スポーツ報知