ここから本文です

池松壮亮「ストーカー映画ではない」…宣伝文句を訂正

デイリースポーツ 9月2日(金)20時38分配信

 俳優の池松壮亮(26)が2日、東陽一監督(81)とともに大阪市内で映画「だれかの木琴」(10日公開)の舞台あいさつを行った。

 常盤貴子(44)演じる主婦がストーキングするほどのめり込む、イケメン美容師を演じた。「宣伝文句でストーカーとうたわれているが、実はそうではなく、東さんが現代を見つめ、孤独に目を向けた映画。現代に何を伝えたいかというのを見てもらいたい」とPRした。

 常盤とは複雑な関係の役柄だが「撮影で2~3日、数時間しか会っておらず、あまり話もしていない。印象がほとんどない」と、意外な反応。「でも作品を見ると素晴らしく、東さんの映画の女性は輝いていると思った」と振り返った。

 また、撮影終了の時間が早く「毎日午後4時頃には帰っていた。だいたい1、2テイクくらい。東さんがおじいちゃんだから早いのかと思っていたけれど…」と戸惑ったエピソードも面白おかしく表現。これには東監督が「僕は、何度もテストして撮って、出来上がったものは嫌。上がりかけの、磨かれる前のものがいい。最後に磨いてくれるのはお客さんだから」と独自論を披露した。

最終更新:9月2日(金)23時2分

デイリースポーツ