ここから本文です

郵政民営化委の増田委員長が退任、新委員に岩田元日銀副総裁

ロイター 9月2日(金)19時27分配信

[東京 2日 ロイター] - 郵政民営化委員会は2日、同日付で増田寛也委員長(元総務相)が退任し、新たに岩田一政・日本経済研究センター理事長(元日銀副総裁)が委員に任命されたと発表した。岩田氏の任期は3年。

郵政民営化委員会は5名の委員で構成され、委員長は委員の互選で決まる。次回の委員会で新委員長が選出されるが、民営化委の事務局によると開催日程は未定。

増田氏は2006年に郵政民営化委員会が発足した当時の委員。その後、いったん委員会を離れたが、13年6月に再び委員に就任。同7月には委員長に選出された。

15年12月には、委員長としてゆうちょ銀行<7182.T>の預け入れ限度額の引き上げを容認する報告書を取りまとめた。増田氏は7月の東京都知事選で落選。任期途中での退任となった。

(和田崇彦)

最終更新:9月2日(金)19時27分

ロイター