ここから本文です

UAE紙が浅野の幻ゴール“認定”「日本が同点ゴールを得るべきだった」

スポーツ報知 9月2日(金)15時26分配信

◆ロシアW杯アジア最終予選 ▽B組第1戦 日本1―2UAE(1日・埼玉スタジアム)

 UAEの英語紙ザ・ナショナル電子版は1日、日本―UAE戦でFW浅野拓磨(21)=シュツットガルト=による“幻のゴール”はゴールインしていたと報じた。

 18年W杯ロシア大会アジア最終予選で日本はUAEに1-2で逆転負け。1-2の後半32分に浅野が放ったボレーシュートはUAEのGKにかき出されノーゴールとされたが、VTRではゴールラインを明らかに割っていた。

 ザ・ナショナル紙はUAEの白星発進を報じる記事中で「ゴールラインを割っているように見えた。リプレイを見ると、日本が同点ゴールを得るべきだったと確認できた」と日本の同点ゴールが見逃されていたと指摘した。

 MFアブドゥルラフマンは同紙に「(敵地で日本を倒すのは)とても難しかったが、我々に不可能はないということを今日証明した」と喜びを語っている。

最終更新:9月2日(金)15時26分

スポーツ報知