ここから本文です

ヤクルト バレンティンが左手に死球受け病院へ

デイリースポーツ 9月2日(金)22時43分配信

 「ヤクルト2-5広島」(2日、神宮球場)

 ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手が、痛恨のアクシデントに見舞われて途中交代した。

 九回だった。広島・中崎から左手甲に死球を受けると、バレンティンは倒れ込んで、苦悶(くもん)の表情を浮かべた。ベンチに退くと代走を送られた。

 真中監督は、「ランナーは無理だと判断した」と説明した。試合後、助っ人は「分からない。大丈夫だといい」と話し、病院に向かった。

 試合は敗れ、3位のDeNAとは2ゲーム差となった。4番打者が、離脱となれば3位浮上を狙うチームにとっては痛い。

最終更新:9月3日(土)7時56分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]