ここから本文です

広島M7 今季41度目の逆転勝利に緒方監督「本当に選手は頼もしい」

デイリースポーツ 9月2日(金)23時34分配信

 「ヤクルト2-5広島」(2日、神宮球場)

 広島が、今季41度目の逆転勝利で、優勝マジックを「7」に減らした。最短で7日の中日戦(マツダ)で25年ぶりの優勝が決まる。

 「逆転のカープ」がその力を示してみせた。四回に荒木の1号ソロなどで2点を先取されたが、直後の五回に反撃。2死から菊池と丸が連打で一、三塁とすると、新井がバックスクリーン左へ逆転の17号3ランをたたき込んだ。「2アウトからキクと丸がチャンスをつくってくれた。ホームランになってよかった」。打点王争いでもトップを独走する94打点目だ。

 ベテランの一撃に若手も呼応した。今季、成長株の鈴木が3試合連続本塁打となる24号左越えソロ。3試合連発は、緒方監督が「神ってる」と評した6月のオリックス戦以来だ。22歳の鈴木は「新井さんが決めてくれたので、楽な気持ちで打席に入りました」と振り返った。

 8月24日に2位・巨人との直接対決を制して優勝マジック「20」を点灯させた。優勝への重圧を感じないのか、その歩みは止まることを知らない。緒方監督は「新井さんは、本当に神宮が好きなんだな。よく打つね。大したものだ」と決勝弾を放ったベテランに最敬礼。続けて「本当に選手は頼もしい。いい仕事をしてくれている」と活躍したナインに胸を張った。

最終更新:9月3日(土)1時7分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。