ここから本文です

モデル浦郷えりか、NEW TOWN REVUEプロデュースでデビュー

音楽ナタリー 9月2日(金)21時45分配信

浦郷えりかの1stシングル「Racket Love / cheerio!!!」が、Hope You Smile RecordsとC.I.T.Y.が共同主宰する新レーベルのPARKSから9月21日に発売される。

浦郷は、2013年度の福岡女学院大学ミスキャンパスや雑誌「non-no」の読者モデルなどの経歴を持つ福岡出身のシンガー。星野みちるや963への楽曲提供で知られるNEW TOWN REVUEがプロデュースを行っている。

「Racket Love」は田辺優が作詞、インドネシアのシティポップバンドikkubaruが作曲したナンバー。カップリングの「cheerio!!!」には作詞にINSTANT CYTRONの片岡知子、作編曲に松尾宗能が参加している。両曲のマスタリングはLinQなどの楽曲を制作しているSHiNTAが担当。アーティストビジュアルは常盤響が手がけている。

浦郷は9月10日に福岡・タワーレコード福岡店、11日に福岡・ミュージックプラザ インドウ、16日に福岡・タワーレコードアミュプラザ博多店でインストアイベント「浦郷えりかの割とダメなインストア」を実施。このイベントでは各回にゲストを招きライブとトークショーを行う。

浦郷えりか 「浦郷えりかの割とダメなインストア」
2016年9月10日(土)福岡県 タワーレコード福岡店
2016年9月11日(日)福岡県 新天町 ミュージックプラザ インドウ
2016年9月16日(金)福岡県 タワーレコードアミュプラザ博多店

最終更新:9月2日(金)21時45分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。