ここから本文です

【盛岡】前副社長による会社資金2400万円の私的流用を謝罪

スポーツ報知 9月2日(金)17時50分配信

 J3グルージャ盛岡は2日、盛岡市内で会見し、同クラブを運営するいわてアスリートクラブ(臼井康雄社長)で、平川智也・前代表取締役副社長(43)による会社資金の私的流用があったと発表した。

 発表によると、平川前副社長は3月から8月の間に、現時点で判明している範囲で、会社資金約2400万円を私的流用していた。自身が経営していた2つの会社の資金繰りに充てていたという。

 平川氏は8月25日の臨時取締役会で経緯を説明。クラブに与えた損害を全て弁償することを約束し、取締役を辞任する意思を表明し、受理された。クラブは当期の業績が悪化する中、取締役陣から貸し付けを得るなどしていたが、一向に資金繰り状況が改善しなかったため、財務内容を精査したところ、私的流用が判明した。

 臼井社長は会見で「サポーターをはじめ、関係者の皆様の信頼を大きく損なう事態となりましたことを心からおわび申し上げます」などと謝罪。クラブでは弁護士ら第三者を交えた調査委員会をたちあげており、引き続き調査を進めていく。内部の組織体制の刷新を図るなど、再発防止にも努めていく。

 なお、今季の試合は今回の件とは関係なく開催する。盛岡は3日の天皇杯2回戦では、J1ベガルタ仙台と対戦(ユアスタ、午後7時)する。

最終更新:9月2日(金)17時50分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]