ここから本文です

【侍U18】寺島-早川が無安打無得点リレー&8得点で中国に快勝

スポーツ報知 9月2日(金)22時12分配信

◆第11回U―18アジア選手権 ▽セミファイナルラウンド 日本8―0中国(2日・台湾台中インターコンチネンタル)

 3連勝でグループAの1位通過を決めた高校日本代表はセミファイナルラウンドの初戦でグループB・2位の中国と対戦。寺島成輝(3年)=履正社=、早川隆久(3年)=木更津総合=の左腕コンビがヒットを1本も許さない無安打無得点リレーの好投を見せ、中国に快勝した。

 日本の先発・寺島は、初回に3者連続三振を奪うとその後も150キロに迫るストレートを中心に中国打線を翻弄。6回まで走者を出さないパーフェクトに抑え、7回に四球で走者を出すが、直後にけん制で誘い出し二塁で刺し、この回も3人で打ち取った。

 寺島は7回の打席に立ったが、8回からは早川が2番手として登板。代わった早川も8、9回を3人ずつで打ち取り無安打無得点。高校日本代表は見事なノーヒットノーラン・リレーをみせた。寺島は7回を投げ打者21人、無安打13三振1四球、早川は2回を投げ打者6人、無安打4三振。

 打っては4回に4番・久鬼隆平(3年)=秀岳館=の左越え本塁打で先制。さらに1死満塁から佐藤勇基(3年)=中京大中京=のスクイズで2点目。5回には1死満塁から林中勇輝(3年)=敦賀気比=の走者一掃の左中間三塁打で3点を追加。7、8回にも加点し、計8点を奪った。

最終更新:9月2日(金)22時21分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)