ここから本文です

【甲府】今季加入の森、プロ1号決める…天皇杯大分戦

スポーツ報知 9月3日(土)6時3分配信

 J1ヴァンフォーレ甲府は3日、ホームで天皇杯2回戦をJ3大分と戦う。チームは2日、山梨大医学部グラウンドで調整。今季加入したFW森晃太(19)が5月25日のナビスコ杯(現ルヴァン杯)・湘南戦以来4試合目の先発が確実になり、プロ初得点へ「冷静」にプレーすることを心がける。

 天皇杯の前日らしくメンバー入りする18人がPKを蹴り練習を締めくくった。森も右足でネットを揺らし、3か月半ぶりの先発に備えた。「気合を入れすぎるより、冷静に周りを見ようと思います」。リーグ戦はここ3試合出番がなく焦りもあるが、プロ初得点には落ち着きが必要と気づいた。

 「がむしゃらにプレーするばっかりで、周りとも合わなかった。相手、ボール、味方の3つを見なければいけないのに、どれかが欠けていた。いい位置でボールを受けるためにやらなきゃいけない」。連係がゴールにつながると確信している。

 U―19日本代表は現在、フランス・UAE遠征に出ている。森は7月の宮城合宿を最後に呼ばれていない。10月にはU―19アジア選手権がある。森は「チームで結果を出さないと選ばれることはない」とプロ初得点を狙う。佐久間悟監督(53)も「U―19へのアピールの場になる可能性がある」と期待した。

最終更新:9月4日(日)0時14分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。