ここから本文です

世界最高齢の現役モデル、写真加工・整形について持論 20年ぶり来日

オリコン 9月2日(金)12時50分配信

 世界最高齢の現役ファッションモデルとしてギネス世界記録に認定されているダフネ・セルフさん(88)が約20年ぶりに来日。2日、都内で自伝本『人はいくつになっても、美しい』(幻冬舎)出版記念トークイベントに出席した。

【全身ショット】88歳で…自然体の美しさをみせるセルフさん

 セルフさん英国在住の現役モデルで、夫の死後、モデル復帰した70歳を境に世界から注目される。年齢に抗わないスタイルが共感を呼び、一流ブランドのモデルやファッション誌の表紙などで活躍している。

 年齢は自身にとって「数でしかない」といい、「年を重ねれば重ねるほど、美しくなると考えている」とセルフさん。行き過ぎた写真加工について「自分らしくみせる必要があるのでやり過ぎはよくない。整形もし過ぎると表情が出なくなってしまう。きちんと笑えなくなってしまう」と持論を展開。シワ・シミも「年齢を重ねた記録です」と話し、「年を重ねて知識も増える。なぜ増えた知識を隠そうとするのかと私は思う。顔だけ隠しても体にたるみがあると一致しない」と自然体がベストだと述懐した。

 セルフさんは「人生は冒険。自分を見つめてほしい。楽しいことは必ずしもあるわけではないけれど、私の大好きなフレーズ“キープスマイリング”で最大限に楽しむことが大切」とメッセージ。続けて「笑顔にはフェイスリフト効果もあるしね!」とお茶目に語った。

最終更新:9月2日(金)12時55分

オリコン