ここから本文です

【NBA】キャブス、引退検討と報道のM.ウィリアムズから音沙汰なし

ISM 9月2日(金)14時49分配信

 現役引退を検討していると報じられているモー・ウィリアムズについて、クリーブランド・キャバリアーズは本人から何も聞いていないとしていることが分かった。米『NBCスポーツ』のウェブサイトなど複数のメディアが、現地1日に伝えている。

 同サイトによると、キャブスのフロントオフィスは、ウィリアムズが引退を考えていると度々耳にしているとのことだが、選手本人からは報告を受けていないという。キャブスは、同選手の現役続行への消極的な姿勢を受け、ウェイブ(契約解除)も思案していたが、先月31日の期限を過ぎたため、現在はウィリアムズの次の動きを待っている段階であるようだ。

 33歳のガードは昨季、41試合の出場で平均8.2得点、2.4アシストをマーク。キャリア13年間でミルウォーキー・バックス、ユタ・ジャズなど7チームを渡り歩き、平均13.2得点、4.9アシスト、2.8リバウンドの通算成績を残している。また、キャブスに所属していた2009年には、自身初のオールスター選出を果たした。

最終更新:9月2日(金)14時49分

ISM