ここから本文です

ポルノグラフィティ、横浜スタジアム公演で新曲を披露

オリコン 9月5日(月)13時44分配信

 人気ロックユニット・ポルノグラフィティが、9月4日に横浜スタジアムで『横浜ロマンスポルノ’16 ~THE WAY~』を開催。約2年ぶりの単独野外ライブで、新曲含む24曲を熱唱した。

ポルノグラフィティのシングル売上ランキング

 2008年、同所で行われた『横浜・淡路ルマンスポルノ’08~10イヤーズギフト~』は、あいにくの豪雨に見舞われた。今回の『ロマンスポルノ』でも初日の3日は大雨だったが、最終日の4日は好天に恵まれた。

 この日の会場には、メインステージと合わせて3つのステージが存在し、よりメンバーを近くに感じられる構成に。オープニングは、3万人の観客が囲むセンターステージで、岡野昭仁、新藤晴一のメンバー2人だけのアコースティックセットからスタートした。意外な幕を開けとなった『ロマンスポルノ』だったが、1曲目の「ハネウマライダー」のイントロが響くやいなや、会場は一気にアコースティックとは思えない盛り上がりに。会場の横浜にちなんだ楽曲「横浜リリー」や「サウダージ」「アゲハ蝶」などヒット曲を続けざまにアコースティックで披露し、会場を沸かせた。

 また、新たなチャレンジとして、メンバー全員が革ジャン・サングラスをかけロックなアレンジの「ヒトリノ夜」「Mugen」を披露し、さらに観客を盛り上げる。その後も「オー!リバル」「メリッサ」「ミュージック・アワー」と、ヒット曲を立て続けにパフォーマンス。中でも本編最後の楽曲「THE DAY」では、観客のシンクロライトが点灯し、会場全体に「THE DAY」の文字が浮き上がる。その様子はドローンで空撮され、会場はより一体に。ボーカルの岡野は、今回のライブのサブタイトルにちなみ、「みんなが作ってくれた道を、また今日から一歩踏み出していきます」と語り、会場は感動に包まれた。

 さらに、アンコール1曲目では、ポルノの真骨頂ともいえるラテンテイストの新曲(タイトル未定)を披露。こちらは44作目のシングルとして11月9日に発売される。

<SET LIST>
1.ハネウマライダー
2.横浜リリー
3.サウダージ
4.NaNaNaサマーガール
5.アゲハ蝶
6.敵はどこだ?
7.2012Spark
8.ミステーロ
9.ルーシーに微熱
10.ギフト
11.EXIT
12.愛が呼ぶほうへ
13.My wedding song
14.ヒトリノ夜
15.Mugen
16.Ohhh!!! HANABI
17.オー!リバル
18.メリッサ
19.ミュージック・アワー
20.THE DAY
EN1.新曲
EN2.エピキュリアン
EN3.ジレンマ
EN4.ダイアリー 00/08/26

最終更新:9月5日(月)18時0分

オリコン