ここから本文です

熊田曜子、ママになって初のDVDは「思いっきり見せてます」

オリコン 9月3日(土)15時49分配信

 タレントの熊田曜子(34)が3日、都内で行われた自身4年半ぶりとなるDVD『rebirth』の発売記念イベントに登場した。

【動画】熊田曜子、体型維持の秘訣明かす

 同作は、2012年に長女、15年に次女を出産し、二児の母となってから初のDVD。都内や横須賀などで行った撮影では、ビキニ姿など変わらぬプロポーションを披露している。また自身54作品目となり、現役グラビアアイドルでは最多作品数となった。

 熊田は「こんな異色のおばちゃんが出て、グラビアがなんか面白そうだなって思ってもらって、若手の子にも一緒に見てもらうことができるといいですね」と笑顔。

 二児の母となりプロポーションの変化について問われると「ポーズを取ってても変わったのがわかりました。前のほうが軽やかでした」と苦笑い。「2人目を産んだら、出べそがなおらなくて。ただこれも産んだ証拠だし勲章、34歳の今っていう証拠だと思って、思いっきり(体を)見せてます」と胸を張った。

 産後の体型維持ついては「この撮影時、赤ちゃんが(生後)8カ月。ママが食べないと母乳が出ないので、食事制限一切しないで、食べる時間を決めて、朝食べ始めたら、8時間だけはお菓子でもお肉でも好きなものを食べていい“8時間ダイエット”というものをしました」と秘訣も明かした。

最終更新:9月5日(月)18時18分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。