ここから本文です

唯月ふうかが退院「少しずつ元気に」 舞台『ピーターパン』けいこ中に左目骨折

オリコン 9月2日(金)14時12分配信

 先月16日、舞台『ピーターパン』大阪公演のけいこ中に左目を骨折し入院していた女優の唯月ふうか(19)が、昨日1日に退院したことがわかった。2日、所属事務所を通じ発表した。

【写真】舞台ではフライングも披露していた唯月ふうか

 唯月も同日、自身のブログを更新し、「今回は、たくさんご心配をかけてしまい、すみませんでした。そして、ミュージカル『ピーターパン』の大阪公演が中止になってしまい、楽しみにして下さっていた皆さん…本当にごめんなさい。私も悔しい気持ちでいっぱいです」とお詫び。続けて「今回、ツイッター、ブログ、お手紙などでたくさんの方々から励ましのメッセージをいただいて、すごくうれしかったです。皆さんの応援のおかげで乗り越える事が出来ました。本当にありがとうございます!!」と感謝を述べた。

 現状については「無事に手術も終え、きのう退院もして、毎日少しずつ元気になってます」と回復を報告するとともに、「また皆さんにお会いできる日を、楽しみにしています。なので、それまでの間、ちょっとだけ待っててくださいね!!」と呼びかけている。

 所属事務所によると、唯月が12月に出演予定だったミュージカル『クロスハート』、それに先立って行われるミュージカル『クロスハート Live Version』には予定通り出演するとしている。

最終更新:9月2日(金)14時41分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。