ここから本文です

長澤まさみがフォリフォリミューズに 撮影は「とても刺激的」

オリコン 9月4日(日)11時10分配信

 女優の長澤まさみが、ファッション・アクセサリーブランドであるフォリフォリの2016年AWグローバルキャンペーン「I am Folli Folie」のミューズに起用された。香港にて行われたキービジュアルの撮影は「とても刺激的でした」と語っている。

【写真】高さ約5メートルのキービジュアル前に立つ長澤まさみ

 長澤は1日、ミューズとして記者発表会に登場。撮影現場の意見を出し合う雰囲気を見て「色々な国の人たちと1つのものを作り上げていく中で、感覚や文化はそれぞれの国で違うのでそれを理解し合える時間が印象的」だったいう。そうして完成したキービジュアルは、両手にはピンクゴールドやシルバーに輝く多数のブレスレットと指輪、ピアスを着用。ボディラインが出るブラックのハイネック姿でクールな表情をする長澤と、ジュエリーの華やかさが強調されたビジュアルとなっている。

 「年齢問わずつけてもらえるアクセサリー。遊び心もあって好みにあわせてつけていただける。私もジュエリーで遊ぶ楽しさをいろいろな方に伝えていけたら」と意気込みを語った。

最終更新:9月4日(日)11時10分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。