ここから本文です

EXILE THE SECOND、映画『スーサイド・スクワッド』イメージソングを担当

オリコン 9月3日(土)11時0分配信

 DCコミックスの悪役(ヴィラン)たちが勢ぞろいする映画『スーサイド・スクワッド』(9月10日公開)のイメージソングを、ダンス&ボーカルグループのEXILE THE SECONDが担当することが2日、わかった。楽曲は21日発売の新曲「WILD WILD WILD」で、曲を使用した映画のトレーラー映像も公開されている。

【動画】悪役たちが大暴れ『スーサイド・スクワッド』予告編

 同作は、世界中で最も知られているスーパーヒーローのバットマンやスーパーマンによって投獄された悪役(ヴィラン)たちが、減刑と引き換えに命の保障のない危険なミッションに挑むアクション大作。

 映像では、人気キャラクターのハーレイ・クインやデッドショットら悪党たちのクレイジーで爽快なアクションを、セクシーかつワイルドな楽曲の世界観とともに楽しむことができる。

 EXILE THE SECONDは今回のイメージソング起用に「『WILD WILD WILD』は、EXILE THE SECONDなりのEXILE魂を歌っていて、メンバーそれぞれ決してエリートじゃない、ストリート魂を表現しています。『スーサイド・スクワッド』とは出会うべくして出会いました」と映画のテーマに共鳴した様子でコメントしている。


■EXILE THE SECOND「WILD WILD WILD」を使用した映画『スーサイド・スクワッド』予告映像
https://www.youtube.com/watch?v=jQ5jiz7ZyOY

最終更新:9月3日(土)11時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。