ここから本文です

BUCK-TICK、TOWER RECORDS CAFEとコラボでメンバー監修メニュー提供

BARKS 9月2日(金)1時6分配信

9月10日より10月2日までTOWER RECORDS CAFE 表参道店にて、BUCK-TICKとのコラボCAFEがオープンする。

BUCK-TICK 関連 画像

BUCK-TICKコラボCAFEは、ニューシングル「New World」(9/21発売)およびニューアルバム『アトム 未来派 No.9』(9/28発売)のリリースを記念して実施される。店内はBUCK-TICKの映像やBGMによる演出に加え、メンバーが監修したスペシャルメニューが提供されるなど、BUCK-TICK一色のCAFEとなるようだ。メニュー、スパゲッティーナポリタンやフィッシュ&チップスといったフード類や、ハイボールやクリームソーダといったドリンク類が用意されている。

また、20年ぶりとなるBUCK-TICKの復帰移籍を迎えるビクターは、これを記念して「新旧のBUCK-TICK作品を大切にお届けする」という主旨のもと、“Welcome BUCK-TICKキャンペーン”を実施するという。TOWER RECORDS CAFE 表参道店およびタワーレコード各店舗(渋谷店、新宿店、梅田大阪マルビル店、錦糸町店)、タワーレコード オンラインでは、ビクターのシンボルキャラクターNIPPERとBUCK-TICKとのコラボグッズとなるトートバッグとマグカップを販売する。トートバッグは、タワーレコード限定アイテムとして販売され、マグカップはタワーレコード先行販売となる。

また、ビクターのオンラインショップでは“Welcome BUCK-TICKステッカー”が先着でもらえる旧譜キャンペーンが、9月10日よりスタート、全国のタワーレコードでも9月20日より同キャンペーンが実施され、新作リリースに花を添える。

さらに、“Welcome BUCK-TICKキャンペーン”の一環として、これまで音楽配信サービスに投入されていなかった過去のBUCK-TICK関連作品5タイトルが本日より一挙配信スタートとなる。なかでも1994年リリースのリミックスアルバム『シェイプレス』は特殊パッケージで発売されて以来、今回が初めてのリイシューで、ハイレゾも含む配信という形態で22年ぶりに陽の目を浴びることとなるのも音楽ファンにとって新鮮なニュースといえるだろう。くわえて、AWAのGetting Better Records公式アカウントでは、「Welcome BUCK-TICK!ビクター復帰記念プレイリスト」の公開がスタートした。

最終更新:9月2日(金)1時6分

BARKS