ここから本文です

ブラック・アイド・ピーズの“愛はどこだ?”キャンペーンでスターが集結

BARKS 9/6(火) 10:54配信

ブラック・アイド・ピーズが、「多くの人々の命を奪うことになった憎しみと暴力をこの世界からなくそう」と訴え、彼らの代表曲「Where Is The Love?」のリワークを発表した。

新ヴァージョンには、彼らほか、アッシャー、ジャスティン・ティンバーレイク、ディディ、メアリー・J.ブライジ、ニコール・シャージンガー、エイサップ・ロッキー、ジェイミー・フォックス、DJキャレド、ザ・ゲーム、タイ・ダラー・サイン、ジェイデン・スミスらが参加している。

「Where Is the Love?」(2003年)は2001年に起きたアメリカ同時多発テロ事件を受け、制作された。それから13年経つが、テロや銃が使われた理不尽な事件は後を絶たない。ブラック・アイド・ピーズは、「この質問はまだ残っている。“愛はどこだ?”」との声明を発表。クインシー・ジョーンズ、スヌープ・ドッグ、LLクールJ、ウィズ・カリファ、ランディ・ジャクソン、ランス・バスら多くのアーティストがこのキャンペーンに賛同している。

Apple Musicは、北米での曲の収益すべてをウィル・アイ・アムが設立したチャリティ団体i.am.angel foundationへ寄付する。

Ako Suzuki

最終更新:9/6(火) 10:54

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]