ここから本文です

ブルース・スプリングスティーン、全米公演の最長記録を更新

BARKS 9月6日(火)10時55分配信

先週、3時間52分(8月23日)、4時間(25日)と長時間プレイしてきたブルース・スプリングスティーンが、火曜日(30日)、4時間1分パフォーマンスを繰り広げ、全米における公演での最長記録を更新した。

◆ブルース・スプリングスティーン画像

3時間52分プレイしたときも、4時間プレイしたときも“最長”とニュースになった。今回もまたすぐ破ってしまうかもしれない。

記録的に長時間プレイしたこの3公演はどれも、ボスのホームタウン、ニュージャージーで行なわれた。<The River Tour 2016>でのニュージャージー公演は火曜日が3公演目にして最後。4時間1分の間に34曲をパフォーマンスしたそうだ。

全米以外を含むと、彼のキャリア史上最も長かった公演は、2012年7月31日に行なわれたフィンランド・ヘルシンキでのもので4時間5分プレイした。4時間1分はそれに次ぐ2番目に長い公演となる。

またこの夜は、リッキー・リー・ジョーンズがゲスト出演し、「Spirit In The Night」をパフォーマンスしたそうだ。

いよいよ終盤を迎えた<The River 2016>ツアーは、残すところあと6公演。9月14日に幕を閉じる。

Ako Suzuki

<August 30 / MetLife Stadium / E. Rutherford, NJセットリスト>
1.New York City Serenade (with strings)
2.Blinded by the Light
3.Does This Bus Stop at 82nd Street?
4.It's Hard to Be a Saint in the City
5.Spirit in the Night (with Rickie Lee Jones)
6.Summertime Blues
7.4th of July, Asbury Park (Sandy)
8.Kitty's Back
9.Incident on 57th Street
10.Rosalita (Come Out Tonight)
11.Pretty Flamingo
12.Atlantic City
13.I'm Goin' Down
14.Darlington County
15.Working on the Highway
16.Downbound Train
17.I'm on Fire
18.Hungry Heart
19.Out in the Street
20.Living Proof
21.Candy's Room
22.She's the One
23.Because the Night
24.The Rising
25.Badlands
26.Secret Garden
27.Jungleland
28.Born to Run
29.Dancing in the Dark
30.Tenth Avenue Freeze-out
31.Twist and Shout
32.Glory Days
33.Shout
34.Jersey Girl

最終更新:9月6日(火)10時55分

BARKS