ここから本文です

【GOLF】石川遼が3打差3位タイで決勝ラウンドへ! 首位はM.ヘンドリー

ISM 9月2日(金)18時12分配信

 国内男子ツアーのフジサンケイクラシックが2日、山梨県の富士桜カントリー倶楽部を舞台に開幕し、第2ラウンドの競技を終了。2週連続優勝を目指す石川遼が通算4アンダーの3位タイで決勝ラウンドを迎えることとなった。

 この日単独2位から出た石川は、立ち上がりの10番でボギーを叩き、さらに12番でもスコアを落とす。しかし、14番でバーディを奪うと流れが変わり、上り4ホールで3つスコアを取り戻した。2アンダーで迎えた後半は、スコアを1つ落として1アンダー70でホールアウト。首位と3打差で週末を迎え、自身初の2週連続優勝を目指す。

 通算7アンダーの単独首位には6アンダー65で回ったブラッド・ケネディ(豪)。7バーディ、1ボギーの内容でツアー3勝目に向けて好発進を切った。単独トップでスタートしたチョ・ミンギュ(韓)はイーブンパー71で回り、通算5アンダーの単独2位につけている。

 通算2アンダーの7位タイには藤本佳則、小田孔明、マイケル・ヘンドリー(ニュージーランド)が並んでいる。この日30歳の誕生日を迎えた金庚泰(韓)は2バーディ、3ボギーの1オーバー72で回り、通算1アンダーの10位タイ。金庚泰と賞金王争いを繰り広げる谷原秀人は通算イーブンパーの20位タイで週末を迎える。

最終更新:9月2日(金)18時12分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]