ここから本文です

【東京株式市場】日経平均上昇・マザーズ続伸。雇用統計発表前に静か過ぎる値動き

投信1 9月2日(金)8時10分配信

株式市場の振り返り-狭い価格レンジ内で推移しながら続伸、新興市場は4連騰

2016年9月1日(木)の東京株式市場は小幅続伸となりました。日経平均株価は前日比+0.2%の上昇、TOPIXも+0.6%の上昇で引けています。また、新興株式市場の東証マザーズ総合指数は+0.7%上昇して4日続伸となりました。

日経平均株価は、NY市場の下落などを受けて前日比▲2円安で寄り付いた後、すぐに▲22円安となります。しかし、その後は徐々に切り返し、後場の開始後には一時+53円高となる場面が見られました。大引けに掛けては一進一退となり、結局、+39円高の16,926円で終わっています。一日の値幅は僅かに75円という狭いレンジでの推移となりました。

東証1部で上昇したのは1,182銘柄、値下がり656銘柄、変わらず134銘柄でした。東証1部の出来高は18億4,374万株、売買代金は1兆9,541億円(概算)となっています。売買代金は再び2兆円割れとなりましたが、様子見スタンスが強かったことを考えると、まずまずの水準かもしれません。

セクター動向と主要銘柄の動き-25業種が上昇、銀行など金融関連に買いが集まる

東証1部で上昇したのは25業種、下落したのは8業種でした。上昇率の上位には、銀行など金融関連、医薬品などのディフェンシブ業種、小売など内需関連が名を連ねています。他方、下落した業種には、鉱業など原油価格下落に係わる業種が多く見られました。

個別銘柄では、エーザイ <4523> が大幅上昇となり、アステラス製薬 <4503> や武田薬品工業 <4502> などの薬品株も値を上げました。また、村田製作所 <6981> も大幅高となった他、ソフトバンクグループ <9984> やKDDI <9433> が上昇し、セブン&アイ・ホールディングス <3382> や任天堂 <7974> が堅調に推移しました。一方、ファーストリティリング <9983> やファナック <6954> が値を下げ、コマツ <6301> や日本電産 <6594> も冴えない動きに終始しました。

1/2ページ

最終更新:9月2日(金)8時10分

投信1

チャート

エーザイ4523
6368円、前日比-99円 - 9月28日 15時0分

チャート

アステラス製薬4503
1595.5円、前日比-12円 - 9月28日 15時0分

チャート

武田薬品工業4502
4858円、前日比-38円 - 9月28日 15時0分