ここから本文です

美少女麻雀漫画『咲-Saki-』が実写化、12月にドラマ&来年に映画化

CINRA.NET 9/2(金) 10:07配信

小林立の漫画『咲-Saki-』が実写化される。

漫画誌『ヤングガンガン』で連載されている『咲-Saki-』は、麻雀の競技人口が1億人を超え、大規模な大会が開かれている世界が舞台。麻雀で毎局プラスマイナスゼロであがることができる、勘と運を持った女子高生・宮永咲が、天才的な実力を持つ理論派の少女・原村和と出会って麻雀部に入部し、インターハイ出場を目指すというあらすじだ。2009年にアニメシリーズの第1作目が放送され、その後も続編が制作されている。

【もっと大きな画像を見る】

実写化プロジェクトは、本日9月2日発売の『ヤングガンガン』で発表。ドラマ化され、12月に地上波の深夜枠で全4話が放送されるほか、2017年初頭に劇場映画版が公開されることが判明した。キャストやスタッフなどは後日発表される見通しだ。

CINRA.NET

最終更新:9/2(金) 10:07

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]