ここから本文です

投げるのはファイアボール、エルサルバドルの「火の玉合戦」

AFPBB News 9月2日(金)8時28分配信

(c)AFPBB News

【9月2日 AFP】中米エルサルバドルの首都サンサルバドル(San Salvador)から北へ20キロのネハパ(Nejapa)で8月31日、「火の玉祭り(Fireball Festival)」が開催され、2陣営に分かれた若者たちが火の玉を投げ合った。1922年に始まったこの祭りは、1658年に起きた火山の噴火によってこの街が受けた大被害を忘れないための伝統行事となっている。当局はこの祭りがルール無用の危険な行事になるおそれがあると警告している。(c)AFPBB News

最終更新:9月2日(金)8時28分

AFPBB News