ここから本文です

飯伏幸太とグラン・メタリック(マスカラドラダ)がWWECWCベスト4進出!

バトル・ニュース 9月2日(金)17時1分配信

 現在WWEでは体重92kg以下の32名が優勝を競い合うトーナメント『クルーザー級クラシック・トーナメント』が開催中。準々決勝に進出した飯伏幸太と戸澤陽が登場した。

 飯伏幸太は、ZERO-ONEにレオナルド・スパンキーの名で初来日し、新日本のBOSJなどでも活躍した後先日DDTのアイアンマンヘビーメタル級王者にも輝いたブライアン・ケンドリックと対戦。

 ケンドリックが繰り出すブリーチョークやバーニングハンマー、スライスブレッドに苦戦するも最後はシットダウン式ラストライドで飯伏の勝利。飯伏は見事に準決勝進出を決めた。

 戸澤陽はTAJIRIを破ったメキシコ・CMLLに所属し新日本プロレスでも活躍したグラン・メタリック(マスカラ・ドラダ)と対戦。
 互いの意地が激突する好勝負を展開する中、戸澤は必殺のジャーマンスープレックスを決めるも2カウントで返され、最後はメタリックドライバー(ドラダスクリュードライバー)でメタリックの勝利。戸澤は準々決勝で敗退となった。

 いよいよベスト4に駒を進めた飯伏とメタリック。準々決勝にはDRAGON GATEで活躍したリッチ・スワン、NOAHで活躍したザック・セイバーJr、新日本プロレスでピノイ・ボーイとして闘っていた新日本ロス道場出身のTJパーキンス(TJP)、スコットランド出身のノーム・ダーが駒を進めている。

最終更新:9月2日(金)17時38分

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]