ここから本文です

スペースXロケットがまさかの大爆発。打ち上げテスト最中に衛星「Amos 6」失う

sorae.jp 9月2日(金)8時0分配信

ロケットの打ち上げや着陸で成功を積み重ねていたスペースXに、まさかのトラブルです。同社のファルコン9ロケットはフロリダのケープカナベラルにて打ち上げ前試験を行なっていたのですが、9月1日午前9時07分にまさかの大爆発を起こしました。(動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=_BgJEXQkjNQ)
 
この事故は、地上でロケットエンジンを数秒点火する「スタティック・ファイア・テスト」の最中に起きました。事故の原因として、同社は「ロケット上段の酸素タンク」のトラブルを指摘しています。ただしこれがロケット自体の欠陥なのか、あるいは打ち上げ施設の欠陥なのかはまだはっきりしていません。また事故によるけが人は出ませんでしたが、爆発の衝撃は数マイル先にも伝わったそうです。

このファルコン9には人工衛星「Amos 6」が搭載されていました。Amos 6はイスラエルの宇宙開発企業「スペースコム」の通信衛星で、アフリカのサハラ砂漠以南にFacebookの「Internet.org」計画としてインターネットを提供する予定だったのです。なお、このAmos 6は2012年に製造元のイスラエル・エアロスペース・インダストリーズからスペースコムに1億9500万ドル(約200億円)で売却されたものです。
 
従来の予定だと、このAmos 6はファルコン9に搭載されて今週土曜日03時に打ち上げられる予定でした。また今回行われたスタティック・ファイア・テストも従来通りの打ち上げ手順となっており、今後の爆発原因の調査が必要とされています。

なお、昨年6月にもスペースXのファルコン9は打ち上げに失敗して爆発し、その後同社は6ヶ月間ロケットの打ち上げを行いませんでした。しかし同年12月にはロケットの打ち上げと着陸に成功し、その次には洋上のドローン船への着陸にも挑戦しています。
 
そして、スペースXはファルコン9の第一段階を3つ束ねた「ファルコン・ヘビー」の初打ち上げを年内に計画しています。さらに来年には、同社はNASAとの契約の元宇宙飛行士をISS(国際宇宙ステーション)へと輸送する計画です。そして、2018年には火星へと民間初の探査機を送り込む予定です。このような将来的な計画を順調に遂行するためにも、今回の爆発事故の原因究明が徹底的に行われることでしょう。

最終更新:9月2日(金)8時0分

sorae.jp