ここから本文です

インテルの復活を託されたリオ五輪金メダリスト「契約は最高の誕生日プレゼントになった」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月2日(金)7時30分配信

会長も期待を寄せる新鋭

30日にインテルへ加入することが発表されたガビゴルことガブリエル・バルボサ。今夏開催されたコパ・アメリカとリオ・オリンピックにブラジル代表の一員として参加しており、オリンピックでは悲願の金メダルを獲得した。そんな彼がインテルサポーターへメッセージを送った。

クラブの公式サイトによると、ガビゴルは移籍の喜びを次のように語っている。

「20歳の誕生日にインテルの一員になれるなんて、僕にとって最高のプレゼントだよ。これまでインテルは、サッカー史に多くの歴史を刻んできた偉大なクラブのひとつだ。僕はすでにインテルファンの情熱を感じることができたし、サン・シーロでプレイする日が待ちきれない。今回の移籍は夢のようだよ。みんなありがとう」

さらにインテルの会長を務めるエリック・トヒル氏もコメントを寄せている。

「ブラジル選手権の優勝とオリンピックで金メダル獲得に貢献した自身の力を証明するための場所として、ガビゴルがインテルを新天地に選んでくれたことを誇りに思っている。今後、彼は間違いなくチームの主力選手になるよ。インテルは常に若手のスター選手に目をかけている。フランク・デ・ブール監督がガビゴルのような最高峰のスター選手の才能を引き出してくれることを確信しているよ」

ガビゴルは開幕から2戦で白星のないインテルの救世主になることができるのだろうか。チームの期待に応え、まずは今季リーグ戦初勝利へ導きたいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月2日(金)7時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。