ここから本文です

マクラーレン・ホンダ、後半戦でいきなり魅せた確実な進化!来年には表彰台狙う!

オートックワン 9/2(金) 14:54配信

夏休みを挟んでF1GPが後半戦に突入した。21戦で行なわれる2016年F1GP後半戦の幕開けは、8月28日に決勝レースを行なった第13戦ベルギーGP。会場のスパ-フランコルシャンは、高低差もあり、心臓破りの高速コーナーが連続する名うての難コースだ。

マクラーレン・ホンダ、後半戦で魅せた進化

そこを舞台に、今年もスペクタクルなレースが展開した。ベルギーGPのドラマの主役のひとりが、パワーユニットに新たな“タマ”を仕込んだマクラーレン・ホンダだった。フェルナンド・アロンソが7位に食い込んだのだが、実はアロンソ、ビリからのスタートだった。

つまり、7位は15台を抜いた順位。スタートでフェラーリが同士討ちをして後退、絶好調でブイブイいわせている18歳の最年少F1GPウィナーのマックス・フェルスタッペンも、フェラーリの同士討ちに巻き込まれて後退していたが、好天に恵まれたベルギーGPの週末を通して、マクラーレン・ホンダは確実に進化したことを証明した。

前半戦の終盤、7月24日の第11戦ハンガリーGPで、トップ3のメルセデス、フェラーリ、レッドブルが全車生き残った中で、マクラーレン・ホンダは週末のすべてを7位でまとめているが、ハンガリーGPのオンガロリンク・サーキットは、パワーユニットの力はさほど大きく影響しないレイアウトだった。

それに対してベルギーGPの会場スパ-フランコルシャンは、エンジンの全開時間が長く、アップダウンのある高地。パワーユニットの能力がタイムに大きく影響することから、ホンダにとって苦手な部類に入れられていた。そこで、アロンソは、ビリからスタートして7番手に食い込んだのだ。

アロンソがビリだったのは、スケジュール初日の金曜日に、新たな“タマ”を入れてポテンシャルアップしたパワーユニットにトラブルが発生、載せ換えたことでペナルティを食らったためだった。

同じく、メルセデスに乗る優勝候補の筆頭ルイス・ハミルトンも、同じくパワーユニットの乗せ替え、アロンソの隣の最後列からスタートすることになっていた。アロンソは、それを引き合いに出して、“隣からスタートするルイスは、たぶん速いだろうから、ロープで縛って引っ張ってもらいたい”とジョークを飛ばしていた。

が、なんと!引っ張ってもらうどころか、スタートで22番手からダッシュを決め、フェラーリの同士討ちで混乱した1コーナーを巧みにクリアーして1周目にいきなり10番手!!その後しばらく、最強のハミルトン×メルセデスを引き連れて、一時は4位を走っていた。

結局、タイヤ選択やそのタイミングなどもあって、終盤にフェッテル×フェラーリやペレス×フォースインディアに抜かれはしたが、7位入賞は、存在感を示す成績だった。ホンダF1レーシングの長谷川祐介F1プロジェクト総責任は、「表彰台やトップ争いは来年でしょうね」とコメントしていたが、とはいえ、スパ-フランコルシャンの活躍は、パワーユニットの進化があってこその結果。となると、コース特性が似たような日本GPの舞台に想いを巡らせる効果があった。

1/2ページ

最終更新:9/2(金) 14:54

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。