ここから本文です

中森明菜「元気になった姿を見せたい」。7年ぶりのステージ復帰決定

E-TALENTBANK 9月2日(金)11時24分配信

中森明菜が、7年ぶりのディナーショーを開催することが発表された。

2016年12月に東京、大阪、名古屋など全国7都市でディナーショーを開催。ファンの前で生ステージを行うのは09年以来、実に7年ぶり。デビュー35周年を来年に控え歌姫・中森明菜の完全復活と言えるだろう。

さらに今回のステージ復帰に合わせて11月30日にカバーアルバムの発売が決定し、12月21日には完全限定生産のクリスマスCDをアナログレコードと併せて発売する。このカバーアルバムは、70年代~現在までのポップ、ロック・ナンバーを歌姫・中森明菜のボーカルで神秘的で上質な色気が漂い、情感豊かに蘇らせている。

2年前の14年の暮れのNHK紅白歌合戦で「Rojo -Tierra-」を歌唱し、12年ぶりに生出演を果たし歌手復帰したが、その後はアルバム制作に重点を置く活動で体調を整え、本格的な復帰を目指してきた。その結果、いよいよステージでも復活できる準備が整ったと言う。来年の35周年を控え「休養中も応援し続けてくれたファンへの感謝。元気になった姿を見せたい」という中森明菜の強い想いが募ってのCDリリースとステージ復帰となる。

ディナーショーは12月4日の東京・ヒルトン東京お台場を皮切りに大阪、名古屋、長野、滋賀、横浜を回り、ファイナルは12月24日のクリスマスイブに千葉のホテルニューオータニ幕張。7年ぶりの復帰ステージとしては大規模なものとなる。このステージは、中森明菜らしいファンへのクリスマス・プレゼントとなるだろう。

最終更新:9月2日(金)11時24分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。