ここから本文です

ツキノワグマ、秩父の宿泊施設で捕獲 敷地内にわな、猟友会が殺処分

埼玉新聞 9/2(金) 2:40配信

 埼玉県秩父市大滝の宿泊施設の県立大滝げんきプラザは1日、ツキノワグマ1頭(体長1・3メートル、重さ80キロ=いずれも推定)を敷地内に設置したわなで捕獲し、奥秩父猟友会が殺処分したと発表した。

 同プラザによると、8月28日夜に職員が敷地内で大型の野生動物を目撃。同29、30日にごみ集積場の破損を確認し、同30日に奥秩父猟友会が捕獲用のわなを設置した。1日午前5時半ごろ、ツキノワグマが捕獲されているのを同プラザの男性警備員が確認した。

 同プラザは今後も利用団体への注意喚起やクマ鈴などの貸し出しを実施するほか、職員による巡回を強化していく。

最終更新:9/2(金) 2:40

埼玉新聞