ここから本文です

ナダルが閉じた屋根の下で勝った最初のプレーヤーに [全米テニス]

THE TENNIS DAILY 9月2日(金)1時0分配信

 アメリカ・ニューヨークで開催されている「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月29日~9月11日/ハードコート)の3日目、男子シングルス2回戦。

【全米オープン3日目_WOWOW動画】大坂、ナダル、ツォンガ、ムグルッサvsセバストワ ハイライト、スタジオインタビュー

 この日のナイトマッチで、1億5000万ドルをかけて新設した開閉式屋根を初めて試合中に閉じた。それは、第3シードのラファエル・ナダル(スペイン)がアンドレアス・セッピ(イタリア)を6-0 7-5 6-1で破った試合中のことで、第2セット3-3から屋根を閉じるため7分半ほどプレーが中断された。

「屋根を閉じても開いても、コンディションはかなり似ていると感じた」とナダルは試合後に言った。

 もっともはっきりと気づく違いは、観客の声などの周囲の音がより大きく響き、ポイント間にも観客のおしゃべりが聞こえかねないことだ。全米テニス協会(USTA)のディレクター、ゴードン・スミスは、それに関して調査をしてみると言った。

「ここはニューヨークだ。そのとおり、観客の立てる音はある。我々は観客に来てもらいたいし、彼らに興奮してもらいたい。声援を送ってもらいたいんだ。時間が経つにつれ、ファンたちは状況に適合し、プレーヤーもまた順応すると思う」と彼は言った。「オープンな環境より、閉じた環境でのほうが音が響くのは当然のことだ」。

 屋根が閉まる前でさえ、主審のセドリック・ムーリエは繰り返し、プレーが始まったら静かにするよう観客たちに嘆願しなければならなかった。ナダルとセッピの双方が声を挙げたり、動き回ったりするファンたちからの妨害、中断がいかに多いかに驚かされていた。

「ここの人々は野球の試合に行って、試合の間も話し続けていることに慣れているんだと思う」とセッピは言った。「本当に騒音が絶えなかった」。

 雨による中断に対処し、何年も決勝を翌日に延期する羽目に陥ったあと、USTAはついにメインスタジアム(センターコート)に開閉式の屋根を設置することを決めた。

 月曜日に始まった今大会は最初から屋根を使用することが可能だったが、最初の2日には雨はまったく降らなかった。

「屋根を付けるための費用の面で耐えうる、建設学的に創造力に富んだ、機能的な解決策を見つけるのに10年もかかってしまった。それがスムーズに機能するのを目にするのは、信じられないような感慨がある」とスミス。

 ナダルとセッピがプレーしている最中に小雨が降り始めた。大会レフェリーのブライアン・アーリーはコート脇から天候を監視していたが、最終的にムーリエ主審とプレーヤーたちに歩み寄り、屋根を閉じたいという旨を伝えた。

「数分かかります」とムーリエは観客にアナウンスした。「少しの間、辛抱して待ってください」。

 観客たちの一部は拍手して歓声を挙げた。ほかの観客たちは、動き出した屋根の写真を撮るために携帯電話を取り出した。ナダルでさえが、頭上に目をやっていた。

 ナダルの試合以前に屋根を使用したのは、開会式でフィル・コリンズが『イン・ザ・エアー・トゥナイト』を歌ったときだけだ。

 これまでの全米オープンの決勝は、2008年から2012年にかけて雨のため5年連続で延期されている。

「よいショー、観客の快適さ、テレビで見ているファンのために、これは素晴らしい施設の向上だと思う」と、ナダルは新しい屋根について言った。

 ナダルは試合後のオンコート・インタビューでTVレポーターから、屋根に触るくらいボールを強く打てるか、と頼まれた。試してみたがボールを屋根に触れるだけ高く打つことはできず、ナダルは笑いながら「僕には無理だね」と答えていた。

 そのナダルは次の3回戦で、アンドレイ・クズネツォフ(ロシア)と対戦する予定だ。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: NEW YORK, NY - AUGUST 31: Rafael Nadal of Spain returns a shot during his second round Men's Singles match against Andreas Seppi of Italy on Day Three of the 2016 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on August 31, 2016 in the Queens borough of New York City. (Photo by Chris Trotman/Getty Images for USTA)

最終更新:9月2日(金)1時14分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。