ここから本文です

【動画解説】台風12号 九州上陸のおそれ 週末は暴風・大雨に厳重警戒

ウェザーマップ 9月2日(金)13時1分配信

 台風12号は強い勢力を維持したまま、3日(土)から4日(日)にかけて、奄美や九州南部に接近し、上陸するおそれもあります。西日本太平洋側を中心に暴風や大雨に警戒が必要です。

 台風12号は発達中です。今後も、強い勢力を維持したまま北上するでしょう。この台風はコンパクトな台風なので、近づくと急激に雨や風が強まるおそれがあります。3日にかけて予想される最大瞬間風速は、奄美は55メートル、九州南部は45メートルで、トラックが横転するような風が吹くでしょう。波の高さは7メートルと大しけになりそうです。西日本は、4日にかけても暴風や高波に警戒してください。

 九州南部には、3日昼頃から、台風本体の雨雲がかかり始める見込みです。さらに、3日夜から4日の日中にかけて、台風の動きが遅くなるでしょう。そのため、同じような所で雨が降り続き、大雨になるおそれがあります。九州南部をはじめ、西日本太平洋側を中心に、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫などに警戒をしてください。

 4日の日中は、関東など東日本太平洋側でも、湿った空気の影響で激しい雨になる所がありそうです。(気象予報士・國本未華)

最終更新:9月2日(金)13時1分

ウェザーマップ