ここから本文です

M!LK佐野勇斗が連ドラ初出演!菅野美穂の息子役で、松嶋菜々子や岩田剛典(EXILE/三代目JSB)らと共演

E-TALENTBANK 9月2日(金)12時6分配信

TBSで、10月にスタートする菅野美穂主演の金曜ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』に菅野演じる主人公・亜紀の長男役として、佐野勇斗が出演することが決定した。

佐野は、5人組ダンスボーカルユニット「M!LK」のメンバーとしても活躍しており、連続ドラマは今作が初出演となる。

佐野が演じるのは、主人公である亜紀の長男・高野和樹(たかのかずき)役。母である亜紀の手伝いや、歳の離れた妹・そらの面倒を進んでみる、心優しい高校一年生の少年だ。しかし、物静かであるが故に周囲に打ち解けづらい一面も持っているようで…。

思春期に揺れる繊細な少年の心情を連ドラ初挑戦の佐野がどのように演じるのか。ドラマの展開とともに目が離せない。
 
 
【佐野勇斗コメント】
和樹役に決まったと聞いたときは、正直嬉しさよりも先に不安でいっぱいでした。いつもテレビで見ているみなさんと、一つの作品を作り上げられるなんて、夢のようです。菅野さん・松嶋さん・岩田さんと実際お会いした心の中の第一声は、「ほ、本物だぁ…」でした(笑)。
ただただ、美人でかっこよかったです…。たくさん色々なことを学び、吸収させてもらいたいです。

僕が演じる和樹は、お母さんや妹想いの、すごく優しい男の子という印象を受けたのですが、ストーリーを読み進めていくうちに、だんだんと和樹の「闇」の部分が明らかになっていきます。和樹の明るい部分と闇の部分を細かく、繊細に演じていきたいと思います。

頂いた台本を読めば読むほど、「砂の塔」の世界観にのまれていって、次々と頭の中で映像が出来上がっていくようなそんな感覚でした。
日本中の方に、この作品の面白さが伝わるよう、精一杯、自分のできることを全力で行っていきたいと思います!!まだまだ未熟な僕ですが、是非注目して頂けると嬉しいです!!

最終更新:9月2日(金)12時6分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。