ここから本文です

高橋みなみが考えるカッコイイ大人とは?

TOKYO FM+ 9/2(金) 13:24配信

この時代をどう楽しく生きていくのか? どうカッコ良く生きていくのか? あなたのこれからの毎日を変えてくれるかもしれないヒントを、RIP SLYMEがゲストとともに探求していくTOKYO FMの番組「RIP SLYME SHOCK THE RADIO」。そのなかで、ゲストに必ず聞く質問が「カッコイイ大人とは?」。
8月26日の放送では、今年2016年4月にAKBを卒業して現在は多方面で活躍中、10月12日にはファーストソロアルバム『愛してもいいですか?』をリリースする高橋みなみさんが登場。「カッコイイ大人」について答えてくれました。

RYO-Z いろいろAKB時代の話から訊きたいんですけど……。一番訊きたいのは2012年にグループの初代総監督に任命されたときのことを……!

高橋 (笑)!!

RYO-Z “総監督”っていう役職がスゴイもんね!

高橋 この響きが先行しちゃいますもんね!

RYO-Z かなりの重要職、会社で役員をやっている話だよね(笑)。

高橋 “リーダー”とかならわかるんですけど、「なんで総監督なんだろう」ってずっと自分の中でも疑問で、この名前になってからすごくイジられますね。

RYO-Z なるほどね。かなりの番長感のある……(笑)。

高橋 まぁ、秋元(康)さんの遊び心なんですよね。「リーダーなんて普通だろ、総監督。面白いじゃないか。」くらいのラフな気持ちで任命されたんですけど。やっぱり「総・監・督」ですからファンの方々だったり、メンバーも「何をする人なんだろう?」って。逆に自分で役割を探さなきゃいけないんですけど、マニュアルがあるわけではないので。でもファンの方からしたら「自分の応援しているメンバーを監督してくれているんですよね?」っていう勝手なオプションが付いてきちゃって。

RYO-Z あっ! そのへんは(高橋みなみさんの著書)『リーダー論』にも書いてありましたけども……!

高橋 そうですね……!

RYO-Z 約300人、しかも女性だけのグループをまとめると……! スゴイよね……!!

高橋 文字だけでみるととんでもない事をしているように見えますよね!!(笑)。

RYO-Z いや、俺ね、ちょっと読ませてもらって。

高橋 ありがとうございます。

RYO-Z 感銘を受けましたよ。弟子入りを希望したいですね。

高橋 (笑)!!! そんな!

RYO-Z いや! スゴイなと!!! あの本で端的にしっかりまとまった展開になっていて。でもたいへんだったでしょ?

高橋 終わって……卒業してみると、このAKBにいた10年間は「自分を本当に成長させてくれたな」と思うんですが、中にいるときは「なんでこんなにたいへんなことが多いんだろう」って思っていました。

RYO-Z だよね。ちょっと“コレは特別キツかった”っていうものある?

高橋 いろいろあるんですけど、メンバーが300人いるので、私はAKBのメンバーなんですけど、大阪のNMB、福岡のHKT、名古屋のSKEとか知らない間にメンバーが増えるんですよ。

1/3ページ

最終更新:9/2(金) 13:24

TOKYO FM+

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]