ここから本文です

ベネズエラ、大統領罷免求め大規模デモ 野党幹部「100万人参加」

AFPBB News 9月2日(金)10時43分配信

(c)AFPBB News

【9月2日 AFP】南米ベネズエラの首都カラカス(Caracas)で1日、ニコラス・マドゥロ(Nicolas Maduro)大統領の罷免に向けた国民投票の実施を求めて大規模な抗議デモが行われた。野党幹部は100万人規模を動員したと主張している。

 参加者らは「ベネズエラには食べ物がない」「この政権は崩壊する」などとシュプレヒコールを上げながら、市内の通りを練り歩いた。

 野党連合の民主統一会議(MUD)を率いるヘスス・トレアルバ(Jesus Torrealba)氏はAFPの取材に対し、デモには95万~110万人が参加し、「ここ数十年で最大規模の街頭行動」になったと語った。

 現場には、食料や医薬品の不足に怒りを募らせている反政府派と、「社会主義革命」の防衛を掲げる大統領支持派の衝突を防ぐため、警官多数が配置された。(c)AFPBB News

最終更新:9月2日(金)15時14分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。