ここから本文です

<青森・中2死亡>市教育長、いじめの存在「濃厚」

デーリー東北新聞社 9月2日(金)12時11分配信

 青森市立浪岡中2年の女子生徒(13)がいじめを訴えて8月25日に死亡した問題で、青森市教育委員会(成田一二三教育長)は1日、青森市内で会見を開き、成田教育長はいじめの存在について「遺書があることなどから濃厚だと考えられる」との認識を示した。また、7日に外部有識者による「いじめ防止対策審議会」の初会合を開く方針を明らかにした。

 同審議会は弁護士や医師など5人で構成。いじめと自殺の因果関係やいじめ防止策などを協議する。

 このほか、市内の全小中学校でいじめがないか児童・生徒に聞き取り調査を行うことも明らかにした。

デーリー東北新聞社

最終更新:9月2日(金)12時11分

デーリー東北新聞社