ここから本文です

全仏覇者のムグルッサが、またも2回戦負け [全米テニス]

THE TENNIS DAILY 9月2日(金)7時30分配信

 アメリカ・ニューヨークで開催されている「全米オープン」(8月29日~9月11日/ハードコート)の女子シングルス2回戦。

セバストワが全仏女王のムグルッサを破る金星で3回戦へ [全米オープン]

 セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)を倒して全仏オープンのタイトルを獲ってからここ数ヵ月の間に、若きガルビネ・ムグルッサ(スペイン)にはあまりに多くのことが起きた。続くグランドスラムで2大会連続の2回戦負けを喫した今でも、ムグルッサは自分は何かを変えたり、リセットしたりする必要はないと言い張っている。

「ただプレーを続けること」と、彼女は言う。そして「試合と大会に勝つチャンスを持ち続けること」だと。

 ムグルッサは世界ランク48位で26歳のアナスタシア・セバストワ(ラトビア)に5-7 4-6のストレート負けを喫した。セバストワはほぼ2年間の引退のあと、昨シーズンに復帰を果たした選手である。2013年5月に一連の故障のためプレーを止め、休止とともに訪れた様々な機会を楽しんでいる、と発言していた。

 彼女はオンコート・インタビューで、最大の舞台でプレーするこのような瞬間のためにカムバックしたのだ、と言った。テニス界最大の会場、アーサー・アッシュ・スタジアムのナイトマッチで全仏チャンピオンを破り、彼女は願っていた通りのことをやってのけたのである。

「アーサー・アッシュ・スタジアムのナイトマッチで!本当に素晴らしいわ。これ以上に大きな舞台があるかしら?」とセバストワは言った。

 22歳のムグルッサは全仏で優勝を遂げたとき、大舞台で目を眩ませられた。そして次のグランドスラム大会だったウィンブルドンは2回戦で、世界124位のヤナ・セペロバ(スロバキア)に敗れた。その次が水曜日に起きた、全米2回戦でのセバストワに対する5-7 4-6のストレート負けだ。ウィンブルドンでもそうだったように第3シードをつけたムグルッサは、敗戦は全仏優勝の影響や大成功を収めたあとのバーンアウトなどとは何の関係もないと主張した。

「全仏のことなど一瞬も考えたりはしないわ。それはもう過去のことよ」とムグルッサ。「誰もが次の出来事、次の大会を楽しみにしているものでしょう」。

 ムグルッサはフラッシング・メドウで一度も2回戦より先に進出したことがない。彼女は敗因について、セバストワのショットのうまさを挙げた。

「彼女がやっていたすべてが、うまく機能していたわ」とムグルッサは言った。

 少なくともセバストワが第2セット5-1から試合を終わらせようと、自分のサービスゲームに入っていくときまではそうだった。

 セバストワが2つのマッチポイントをものにし損ねたあと、ムグルッサはそのゲームでまずワンブレークを果たし、それからまた次の相手のサービスをブレークした。

 2011年に全豪オープンで4回戦に進出したことのあるセバストワは、試合の終わりにはやや崩れかかっていたと認めた。

「自分の頭の問題を解決しなければならなかった。迷いや邪念が生じてしまった」とセバストワは言う。彼女はまだ5-4でリードしているのだということを自分に思い出させ、それからムグルッサのサービスをブレークして勝利をもぎ取った。

 この試合の前、セバストワとボーイフレンドは昨年の1月に復帰を果たしたあと、久々にフラッシング・メドウにやってきたときの思い出話をしていたのだという。彼女はただ予選をプレーすることに興奮し、燃えていた。

 そのときは結局、最初の試合で敗れることになる。そしてその一年後、セバストワは全米の本戦の2回戦で、アーサー・アッシュ・スタジアムでのナイトマッチをプレーしたのだ。彼女はここまでトップ5に対し2戦2敗だったが、ムグルッサを破り、全米で初の3回戦進出を果たした。

「人生って、ときに奇妙よね」とセバストワ。

 ラトビアで英語教師をしているセバストワの母は、彼女とともにニューヨークにやって来た。母がグランドスラム大会に足を運ぶのは、これが初めて。

 母は木曜日に帰国する予定だったそうだが、娘が勝ち残った今、もう少しニューヨークに留まりたがっているのだという。また、セバストワの親友もニューヨークを訪れている。この勝利のお祝いについて尋ねられたセバストワは、「皆でどこかに出かけるかもね」と答えた。

「母や友達は祝杯をあげて、私はそれを見ているだけになるけど」(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

最終更新:9月2日(金)7時30分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]