ここから本文です

タンゴ世界選手権、ステージ部門でアルゼンチンペアが優勝

AFPBB News 9月2日(金)11時22分配信

(c)AFPBB News

【9月2日 AFP】アルゼンチン・ブエノスアイレス(Buenos Aires)で1日、タンゴ世界選手権(World Tango Championship)のステージ部門決勝が開催され、アストル・ピアソラ(Astor Piazzolla)のクラシックなバラードに合わせて踊ったアルゼンチン人のアグスティーナ・ビグナウ(Agustina Vignau)さんとウーゴ・マストロロレンソ(Hugo Mastrolorenzo)さんペアが優勝した。

 ステージ部門はサロン部門とは違い、よりアクロバチックで演出的。市内のルナ・パーク(Luna Park)スタジアムで開催された決勝には、19組が参加。このうちアルゼンチンのペアは11組で、ロシアとコロンビアが各3組、ブラジルとイタリアが各1組だった。

 決勝では、一般の人々がインターネット上でお気に入りのダンサーに投票できるシステムが今回初めて導入され、主催者によると約1万3000人が参加した。(c)AFPBB News

最終更新:9月2日(金)11時22分

AFPBB News

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。